« ”心”&マックスの庭にも春が来た | メイン | 何時もの場所で、何時ものように..... »

2013/04/08

繋がれっ放しの犬が居たんですが.....今、何処に!!

私が毎日通る、愛犬との散歩コースに、その犬は居たのです。

”心”を家に迎え、毎朝散歩に出るようになった頃には既に居

ので、気になりだしたのは3年半位からである。

自動車の解体を兼ねて部品を取る小さな工場が有って夜間

無人になる、門も塀も無く、道路から少し入った所に犬小屋

有り、其処に鎖で繋がれているのだ。

Img_0001

雪の日も、雨の日も、この小屋で毛布も無く頑張って凌いで居た

遊んで貰っている姿は勿論、散歩の姿も見たことは無い。

可愛い柴犬だった、可哀想にと思いながらも救いは餌と水だ

けは貰っていた、浅い鍋にドライフードが良く残っていたのは

見ているが飲み水は汚れている事が多かった。

真冬の雪の日も、真夏の猛暑日の昼も夜も鎖で繋がれている

のだ、まして土曜、日曜日は誰もいなくなるので金曜日の夜か

ら月曜日の朝まではワンコだけになるのです。

田舎では繋いで飼う家は結構見られますが、こんな哀れな例

は少ないんじゃないでしょうか?

敷地は広いのに如何してこんな飼い方しか出来ないのか理解

出来ません。

私は”心”の散歩の折、時には飲み水が汚れて居る時に、傍ら

に有る水道で水を変えて上げていた、そして散歩の時に持ち歩

いてるビスケットを時々与えていました。

或る日、その犬が居ないので吃驚して居ると、何と女性二人と

その犬がこちらに向かって歩いて来るのです。

挨拶をし話を聞くと、道路を挟んだ前の住宅の奥様とお嬢さん

で、ワンちゃんを見るに見かねて土日は出来るだけ、朝のうち

勝手に散歩させてるんだと笑って云う。

ご主人が水を変え、おやつを上げているのを見て私たちも散歩

に連れ出したのだと云います。

「この子、私達が行くと物凄く喜び、嬉々として歩き、大歓迎し

呉れるんですよ」  「可愛いんですよ~!! 」

私は自分の犬でもないのに、礼を云い別れたが清々しい朝だ

た覚えが有る。

そんな過酷な環境にも拘わらず元気にしていたワンコです。

その子が数日前から突如いなくなったんです、革の首輪と鎖

小屋の上に置いてあり、鍋にドライフードが沢山残っていて

水のバケツは空になって居て逆さまになっている。

小屋の横には10日分位のウンチがそのままになっています。

Img_0002

主を失い餌用鍋も残飯が残ったまま、横には排便の残骸が今もそのまま

翌日も翌々日も戻っていない、脱走したとは到底考えられない

何処で如何して居るのかが気になる日々です。

その会社の事務所に居る、飼い主だったと思われる人を昼間

訪ねて聞けば分かるのだろうが、真実が分かるとも思われない

分かった所で、それが如何なる?

何とも云われぬ消化不良の様な気持の日々が続いて居ます。

Img_0834

怪しげな行動ではありません、散歩から帰り水を飲む順番を待って

居るんです

散歩から帰った”心”に「あの子は今、何処に.....」等と話しかけ

ながら、「お前はあの子に比べたらラッキーだったし、幸せだし、

良かったな !! 」と思った朝でした。

コメント

パパさんが出会ってから脱走などしなかった子ですから、
無事を祈るには厳しい状況かもしれませんね。
悲しいことですが、未だに作業場や小さな工場でありがちな光景です。
どんな環境でも人を裏切らない・・・
その子は本当に番犬でしかなかったのでしょう。

けな気なその子が気になります。
どこかで優しい人に出会って保護されていればいいですけど…
ちょっと手をかけてあげるだけでこんなに懐くのに、飼い主は可愛く思わないのでしょうか?
ご飯が貰えた事だけがこの子の幸せだったとしたら余りにもかわいそうです。
アメリカのようにアニマルポリスがあればこういう飼育は罪に問えるのに…

前にもe shinn心さんのブログに登場したワンちゃんですよね、お散歩に連れ出してくれていた母娘さんに感謝ですね。
お水を替えたりオヤツをあげたり、声をかけたり、心パパさんのように愛情をかけてあげた人が他にもいてくれたことを信じたい。

今は何処へ、、、と考えれば考えるほど、首輪が外して置いてあったことを鑑みると余り明るく考えられなくていますが、いろんな人の愛情をいつまでも忘れずにいてくれるといいなと思います。

kazu 様
何時も有難うございます。
悲しい事になったとは容易に想像致しますが、飼い主が同じ人間として許せない
気持ちでいっぱいです。
そんな飼い主でも餌の時には満面の笑みと態度で接して居たのを何回か見ています。
犬の社会も全て平和で公平に行かないのは分かるんですが餌を食べるだけが喜びだったとは.....

あすぴ 様
何時も有難うございます。
可愛いのに不憫だと思っていただけに
やりきれない気持ちでいっぱいです。
何の権限も無く犬の事を説いた所で何も役に立たない現実にアニマルポリスが欲しい所です。
こう云う人とは一切の関わりを持ちたくないですね。
何か一矢報いる方法は無いものかと思ってしまいます、  切ないです!!

Sakura 様
何時も有難うございました。
そんな飼い主にもワンコは接して居る時は満面の笑みと態度で喜んで居たのにと思うと腹が立つのを通り越してしまいます
人間が一番残酷かも知れませんね。
その子が何処で如何有ろうとも、君が信頼した飼い主が人間の全てでは無いと思って貰いたいと切に思います。

コメントを投稿

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

「ポチッ」とクリックしてね